スズキ スイフトの下取り価格や買取査定の相場はいくら?一括査定で高く売れる方法を紹介

スズキスイフトの買い取り
スズキのハッチバック型コンパクトカーとして、2000年1月24日に誕生した初代「スイフト」。

今ではその人気・価格・性能の良さから4代目まで発売されています。

世界市場での販売も視野に入れており、ボディ・デザイン・プラットフォームなど全て一から開発し、自動車の基本である「走る・曲がる・止まる」に重点を置いた車種として日本国内のみならず、世界各国から高い評価を得ています。

スズキ スイフトはその基本性能の高さから、11ヶ国で「カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞するなど、世界的に認められている人気車種なのです。

普通車の中でもリーズナブルなスズキ スイフトですが、年式の古いものや走行距離の長いものでも買取をしてもらえるほど、中古車市場でも需要が高いです。

そこで今回は、グレード別・走行距離別にみるスズキ スイフトの買取相場や高価買取してもらえる方法をご紹介させて頂きたいと思います。

スズキ スイフトのモデル・グレード別買取り相場ランキング

スズキ スイフトのグレードは、大きく分けると【XG】・【XL】・【RS】・【RSt】の4つに分かれます。

各グレードの違いは主に装備数となっており、グレード毎の装備内容や買取相場は後述させて頂きます。

順位 グレード 年式 新車価格 買取相場
1位 スポーツ 2012年01月 183.6万円~205.0万円 61.8万円~99.3万円
2位 HYBRID SL 2017年07月 194.9万円 113.3万円~129.1万円
3位 HYBRID RS 2017年01月 169.1万円~194.1万円 89.7万円~103.5万円
4位 RS 2017年01月 159.4万円~168.5万円 94.3万円~104.3万円
5位 HYBRID ML 2017年09月 162.5万円~187.5万円 90.5万円~103.7万円
6位 XL 2017年01月 146.3万円~171.3万円 85.9万円~95.1万円
7位 RSt 2017年01月 170.4万円~180.0万円 90.6万円~104.5万円
8位 HYBRID SG 2017年07月 166.8万円 92.3万円~105.9万円
9位 XS-DJE 2013年07月 139.8万円~178.7万円 58.0万円~71.5万円
10位 XG 2017年01月 134.3万円~149.7万円 78.3万円~86.7万円

グレード「XG」・「XL」にはMTとCVT(※)両方の設定がありますが、「RS」はMTのみ、「RSt」は6ATのみとなっております。MTもCVTも価格が変わらず、自分の好きなタイプを選ぶことができるようになっているのも魅力の1つです。近年はMT車がどんどんCVTの勢いに押され消えているので、変わらない価格でMTを選択できるのは有難いです。

※CVTとは無段変速とも呼ばれており、ビギナードライバーが苦手とするクラッチ操作をなくし、運転のしやすさを各段に向上させたものになります。

ATは有段変速であり、最近では多段化も進んできましたが、そこを突き詰めるとCVTのような無段変速になります。

どのグレードにも言えることですが、新車価格と中古車価格を比較すると、年式が1年2年と新しいものでも新車購入時の半額ほど、金額にすると60万円~70万円ほどは買取額がダウンしているグレードが多い為、少しでも高値で買取をしてもらいたい方は、1日でも早い売却をお勧め致します。

スイフトの買取相場と最近の傾向

スズキ スイフトに関しては、2017年07月発売モデルのグレード「HYBRID SL」を見て頂くと一目瞭然なのですが、このグレードの新車購入する際の金額(194.9万円)を考えると、年式がまだ新しい状態で売却をしてしまうと、60万円~80万円ダウンと非常に還元率が悪いデータが出ています。

買取相場に大きく影響を与える要因としては、年式と走行距離が挙げられますので、走行距離の面からもスズキ スイフトの買取傾向を探っていきたいと思います。

もちろん上記2点以外にも、車の室内外環境や車検の有無なども関係してくることもあり、例え走行距離や年式が古くても高額買取に繋がるケースも多々あります。

続いては、各グレードの主要装備に加え、年式(新車購入月)と走行距離別にみる買取相場(2017年10月時点)をご紹介しますので、お持ちのスイフトがどれくらいの金額で売れるのか確認しておきましょう。

スイフト グレード【XG】

スイフトのグレードの中でも、この「XG」は下位グレードになります。

しかし、基本的な装備は一通り揃っており、内装の質も極力落とすことなくコストカットを実現しているグレードです。

価格と比べて見劣りする装備内容ではないですが、「オートライトシステムがあれば良かった」「16インチアルミホイールに魅力を感じる」という方には向かないグレードかもしれません。

<全グレード共通の標準装備>

  • 歩行者傷害軽減ボディー
  • 運転席・助手席SRSエアバッグ
  • フロントベンチレーテッドディスクブレーキ
  • タコメーター
  • チルトステアリング・テレスコピックステアリング
  • キーレスプッシュスタートシステム(エンジンスイッチ、携帯リモコン、リクエストスイッチ(フロントドア、バックドア))
  • 電波式キーレスエントリー(アンサーバック付)
  • 6:4分割可倒し木リヤシート
  • 全面UVカット機能付ガラス
  • フルオートエアコン(エアフィルター付)

上記には挙げていないのですが、インテリアの装飾の大半は全グレード共通仕様となっております。

下位グレードになると装飾や加工を極力抑えて価格をカットするという車種が多いですが、スズキ スイフトでは全グレードの内装を統一することで、全体のコストカットを実現しています。

<追加装備>

  • マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ(マニュアルレベリング機構付)
  • ウレタンステアリングホイール
  • ヒーテッドドアミラー(4WD車)
  • エコドライブアシスト照明(CVT車)
  • マルチインフォメーションディスプレイ
  • ファブリックシート表皮
  • 15インチスチールホイール

グレード「XG」の装備の特徴は、このグレード特有の装備がなく、むしろ「XG」にのみ搭載されていない装備が多数あることです。

強いて言えば、15インチスチールホイールのみが「XG」のみに装備されており、他のグレードには全て16インチアルミホイールが装備されています。

しかし、基本的な装備は整っており、価格と比べて見劣りすることもありません。

<買取相場(年式別)>

年式 走行距離 買取相場
2017年01月 2千㎞ 86.7万円
2015年11月 2万㎞ 64.9万円
2015年11月

XG-DJE

2万㎞ 62.7万円
2013年07月 4万㎞ 45.8万円
2013年07月

XG-DJE

4万㎞ 39.2万円
2012年11月 5万㎞ 38.5万円
2012年11月

XG

アイドリングストップ

5万㎞ 36.3万円
2011年09月

XG

アイドリングストップ

6万㎞ 31.1万円
2010年09月 7万㎞ 23.2万円
2010年01月

XG

Cセレクション

7万㎞ 14.2万円
2009年05月 8万㎞ 13.4万円
2009年05月

XG

Lパッケージ

8万㎞ 14.6万円
2009年05月

XG エアロ

8万㎞ 14.8万円

2015年11月発売モデル「XG」の走行距離2万㎞を見てみると、買取相場が64.9万円となっており、やはり前述させて頂いたように若干還元率の悪い結果となっています。

2015年以降、1年毎に約10万円程買取額が減少していくことを考えると、早めの売却が高額買取の近道と言えます。

<買取相場(走行距離別)>

モデル:年式 走行距離 買取相場
2015年11月:XG 2万㎞ 64.9万円
4万㎞ 61.3万円
6万㎞ 59.2万円
8万㎞ 57.7万円
10万㎞ 56.6万円

2015年11月発売モデルの「XG」を見ていきましょう。

走行距離2万㎞で買取相場が64.9万円となっており、やはり還元率の悪さが目立ちますが、注目すべきは走行距離10万㎞です。買取相場は56.6万円の値が付いており、この距離数でこの買取額は高額買取と言えます。

つまり、走行距離の影響は少なく、年式が新しければ買取額が上がるということが分かります。

スイフト グレード【XL】

「XL」の装備において特徴的なのが、この価格帯のグレードにも関わらず本革巻ステアリングホイールが装備されていることでしょう。

「XG」を除く全グレードのステアリングホイールに、本革が巻かれています。内装の質が統一されていると前述しましたが、それがこういったところに表れています。

<追加装備>

  • フロントマルチリフレクターハロゲンフォグランプ
  • リヤディスクブレーキ
  • 本革巻ステアリングホイール
  • ステアリングオーディオスイッチ
  • パドルシフト(CVT車)
  • LEDサイドターンランプ付ドアミラー
  • 16インチアルミホイール

上記の装備が、「XG」にはなく「XL」には搭載されている装備になります。

走行性能が高いとの評価を得ている「XL」なだけに、16インチアルミホイールは嬉しい限りです。

<買取相場(年式別)>

年式 走行距離 買取相場
2017年09月 2千㎞ 99.7万円
2017年01月 2千㎞ 95.1万円
2015年11月 2万㎞ 69.8万円
2015年11月

XL-DJE

2万㎞ 67.1万円
2013年07月 4万㎞ 49.4万円
2013年07月

XL-DJE

4万㎞ 42.1万円
2012年11月 5万㎞ 41.2万円
2012年11月

XL

アイドリングストップ

5万㎞ 38.7万円
2011年09月

XL

アイドリングストップ

6万㎞ 33.2万円
2010年09月 7万㎞ 25.0万円

グレード「XG」の上位グレードである「XL」ということもあり、買取相場は全体的にやや高めの金額になっています。

しかし、新車とは言え2万㎞にもなると買取額が約30万円程はダウンする為、買取のタイミングは非常に重要です。

4万㎞以降は、1年毎に約8万円程値が下がるデータとなっている為、やはり早めの売却がお勧めです。

<買取相場(走行距離別)>

モデル:年式 走行距離 買取相場
2012年11月:XL 2万㎞ 46.0万円
4万㎞ 42.4万円
6万㎞ 40.2万円
8万㎞ 38.7万円
10万㎞ 37.5万円

スズキ スイフトの買取傾向として、走行距離よりも年式が買取額に影響しやすいことを述べてきましたが、やはり「XL」についても同じことが言えます。

2012年11月発売モデルの「XL」では、2万㎞~10万㎞までの買取額の差額はなんと8.5万円しかありません。

つまり、営業車や配送車として使用しているような多走行車であっても、高額買取の期待が持てるということです。

スイフト グレード【RS】

グレード「RS」の特徴は、エクステリアの面が細かく変更されている点にあります。

基本的なデザインに大きな変化はありませんが、細かな部分でのパーツ変更がある為、よりスタイリッシュな印象を受けます。

<追加装備>

  • LEDヘッドランプ[ハイ/ロービーム、オートレベリング機構付]
  • オートライトシステム
  • LEDポジションランプ
  • リヤフォグランプ
  • RS専用ファブリックシート表皮[シルバーステッチ]
  • RS専用フロントグリル
  • RS専用フロントバンパー
  • RS専用リヤバンパー
  • ルーフエンドスポイラー
  • サイドアンダースポイラー

LEDヘッドランプやオートライトシステムなどが装備されており、安全性が増しました。

<買取相場(年式別)>

年式 走行距離 買取相場
2017年09月 2千㎞ 109.3万円
2017年09月

HYBRID RS

2千㎞ 109.1万円
2017年01月 2千㎞ 104.3万円
2017年01月

HYBRID RS

2千㎞ 103.5万円
2015年11月 2万㎞ 73.9万円
2015年11月

RS-DJE

2万㎞ 70.8万円
2014年06月 3万㎞ 61.1万円
2014年06月

RS-DJE

3万㎞ 54.4万円
2013年07月 4万㎞ 51.8万円
2012年11月 5万㎞ 43.9万円
2011年11月 6万㎞ 35.2万円

スタイリッシュな見た目から人気も高く、グレード「XL」よりもさらに買取額は高めで取り引きされています。

2017年01月と09月発売モデルに関しては、発売間もないこともありますが、双方とも100万円を超える価格で買取されています。

2013年07月発売モデルでも50万円を超える買い取り実績があることからも、人気グレードほど高額買取の可能性は高いです。

<買取相場(走行距離別)>

モデル:年式 走行距離 買取相場
2011年11月:RS 2万㎞ 41.2万円
4万㎞ 37.4万円
6万㎞ 35.2万円
8万㎞ 33.6万円
10万㎞ 32.3万円

2011年11月発売モデルの「RS」ですが、買取相場は走行距離に影響をあまり受けないデータが見て取れます。走行距離が2万㎞と10万㎞で買取相場を比較してみると、その差は8.9万円と極僅かです。

前述させて頂いたように、スイフトの中でも人気車種である為、走行距離が10万㎞を超えていても、まだまだ高額買取が期待できます。

スイフト グレード【RSt】

グレード「RSt」は、前述した「RS」とエンジンが異なります。

「RS」や他のグレードでは、K12C型水冷4サイクル直列4気筒DOHCエンジンが搭載されています。

しかし、「RSt」ではK10C型水冷4サイクル直列3気筒直噴DOHCターボエンジンが搭載されている点に違いがあります

最大トルクや出力が上方修正されている為、より質の高い走りを楽しむことができるグレードです。

<追加装備>

  • ヒルホールドコントロール
  • パドルシフト
  • 6AT(マニュアルモード搭載)
  • マルチインフォメーションディスプレイ[カラー]
  • ブースタージェットエンジン

「RSt」は変速比幅が広い6ATが採用されています。

軽い感覚でシフトアップ・ダウンをすることが可能となり、マニュアルモードを使えばマニュアル操作もできます。

<買取相場(年式別)>

年式 走行距離 買取相場
2017年09月 2千㎞ 110.2万円
2017年01月 2千㎞ 104.5万円
2017年09月 2万㎞ 90.4万円
2017年01月 2万㎞ 84.7万円
2017年09月 3万㎞ 86.9万円
2017年01月 3万㎞ 81.2万円

まだ発売されて間もない新グレードである為、参考データは極僅かとなっております。

しかし、このデータだけを見ても上位グレードであり、買取額も他のグレードより高額となっています。

スイフトの買取傾向からすると、グレード「RSt」も買取の際に走行距離に影響を受けることは少ないでしょう。

<買取相場(走行距離別)>

モデル:年式 走行距離 買取相場
2017年01月:RSt 2万㎞ 84.7万円
4万㎞ 78.7万円
6万㎞ 75.2万円
8万㎞ 72.7万円
10万㎞ 70.8万円

2017年01月発売モデルの「RSt」ですが、走行距離別に比較しても、それほどおおきな価格差は見られません。

つまり、走行距離よりも年式が買取額に影響するという典型的なデータとなります。

スズキ スイフトの価買取が期待できる走行距離

車の買取査定の1つの基準として、走行距離が挙げられます。もちろん走行距離が短ければ買取額は高く、走行距離が長いと買取額は下がる傾向にあります。一般的に走行距離の目安は、5万㎞と10万㎞と言われており、5万㎞を超えた場合「多走行車」、10万㎞を超えると「過走行車」と業界では区別されます。

他にも買取の基準はありますが、少なくとも「多走行車」でない方が高額買取に繋がりやすいです。

しかし、各グレードの走行距離別の表を見て頂いて分かるように、スイフトでも年式が新しければ「過走行車」であっても70万円以上の値が付いているケースもあり、あくまでも1つの査定基準と覚えておいて下さい。

高価買取が期待できるスイフトのカラー

新型スイフトのボディカラーは全部で9色用意されています。

定番のカラーは4色用意されており、「スーパーブラックパール」・「ピュアホワイトパール」・「スターシルバーメタリック」・「プレミアムシルバーメタリック」があります。

スイフトのカラーバリエーション

  • スーパーブラックパール
  • ピュアホワイトパール※
  • スターシルバーメタリック
  • プレミアムシルバーメタリック※
  • クラッシーブラウンメタリック
  • バーニングレッドパールメタリック※
  • スピーディーブルーメタリック
  • ヘリオスゴールドメタリック
  • ネオンブルーメタリック

※メーカーオプションの為、有料(¥21,600)となります。

スイフトの人気カラー

  • スーパーブラックパール
  • ピュアホワイトパール
  • バーニングレッドパールメタリック

上記3色はスイフトで人気カラーのトップ3になります。

やはり定番のブラックとホワイトはランクインしており、流行り廃りのないカラーは買取においても高額査定の対象カラーとなります。

続いてバーニングレッドパールメタリックがランクインしていますが、とても鮮やかな紅色が綺麗に発色する為、女性人気の高いカラーです。

まとめ

スイフトでは下位グレードである「XG」よりも、万人が必要としている装備が一通り揃っている「XL」のほうが若干ですが高価買取が期待できます。

もちろん「XG」においても、年式・走行距離・室内外環境・車検の有無などにより、通常の買取額を大きく上回ることも可能です。

高価買取をしてもらうには、グレード・走行距離・年式も当然ですが、さらにはカラーやオプションの有無等、的確にお持ちのスイフトを査定してくれるところを探すことが必要です。

その為には複数の業者に査定してもらい競合させることが必要であり、インターネットなどを通して一括査定してもらうと、より多くの業者の見積もりを自分の目でチェックすることができます。

一括査定であれば、複数業者に色んな視点から査定してもらうことが可能なので、その中から一番査定額の高い業者を選べば良いだけなのです。

是非みなさんも効率よく高価買取をしてもらいましょう。

車を高く売りたい人は必見! 買取相場より30万円以上高く売る方法

今乗っている車を買い替える際、ディーラーや中古車販売店への下取りが一般的です。しかし、この下取りが大きな間違いなのです…

基本的にディーラーは販売専門であるので、車の買取は専門外です。

なので、なるべく安い値段で下取りして引き取ろうと考えています。もし自分の愛車を高く売りたいのであれば、複数の買取業者から査定額を競争させるのが一番です。

そこで、ネットで出来る「車の一括査定」で必要情報を1回入力するだけで、たくさんの買取業者から査定を査定依頼する事が出来ます。下取りとくらべて30万以上の買取価格が上がることは珍しくありません。

入力は1分で終わるので、まずはご自身の愛車がいくらで売れるのか調べてみましょう。

>>愛車の買取価格をチェックする

関連記事

トヨタ ハリアーの下取り価格や買取査定の相場はいくら?一括査定で高く売れる方法を...

日産 セレナの下取り価格や買取査定の相場はいくら?一括査定で高く売れる方法を紹介

トヨタ プリウスαの下取り価格や買取査定の相場はいくら?一括査定で高く売れる方法...

トヨタ bBの下取り価格や買取査定の相場はいくら?一括査定で高く売れる方法を紹介

スズキアルトの買い取り

スズキ アルトの下取り価格や買取査定の相場はいくら?一括査定で高く売れる方法を紹...

トヨタヴィッツの買い取り相場

トヨタ ヴィッツの下取り価格や買取査定の相場はいくら?一括査定で高く売れる方法を...