なぜ買取価格に差が出るのか!?ネットの中古車一括査定と持ち込み査定に違いが出る理由

今あなたがお持ちの愛車を査定しようと考えた時に、ネットでの一括査定を申し込むか、あるいは買取業者に直接持ち込み査定をしてもらう方法が主に挙げられますが、結局どちらのほうが高い買取価格になるのでしょうか?

実は今回ご紹介する買取業者への持ち込み査定にもメリットとデメリットがあり、どちらが良いかを選択していただくためにも、持ち込み査定とはどういうものかについてご紹介していきます。

ネットでの一括査定と比較しながら見ていきましょう。

車を持ち込み査定した場合のメリットはあるのか?

どちらの査定方法が効率良く、そして高く買い取ってもらえるのかを分かりやすく解説していきます。

まずは、愛車を直接ガリバーなどの買取業者へ持ち込み査定をしに行った場合は、事前に予約をしていなくてもその場で査定がしてもらえるというメリットがあります。

ネットでの一括査定に比べると、その場ですぐに査定してもらえることは、すぐにでも愛車の買取価格を知りたいという方にとっては嬉しい限りです。

査定時間は待ち時間などがなければ、基本的には30分程あれば完了します。

さらに、その場で持ち込み査定をしてもらった買取価格にあなた自身が納得できれば、その場ですぐに買い取りをしてもらうこともできます。

もちろん帰りは愛車で帰宅して後日、自宅まで引き取りに来てもらうという方法も選択できるのでご安心ください。

査定と売却が同時に行えることは、時間と労力の削減につながります。

今すぐにでも車を売却したい方や自宅まで査定に来られるのは嫌だという方にとっては、これ以上ない最適な方法ではないでしょうか。

続いてはデメリットについても見ていきましょう。

車を持ち込みでの査定の場合デメリットはあるのか?

一見デメリットがなさそうに思えてしまう持ち込み査定ですが、実は大きな落とし穴もあります。

それは、買取額が安くなる可能性があることです。

なぜなら、わざわざ自分で愛車を買取業者まで持ち込んで来る訳ですから、それだけ売却意欲が高く、そして今すぐにでも売りたいという気持ちが相手に伝わってしまうからです。

つまり、「この人は時間的にも金銭的にも売りたい人だから、このくらいの査定額で様子を見るか」と足元を見られてしまう可能性は非常に高くなります。

特に、この持ち込み査定で買取業者までやって来るお客さんの大半は、そもそもネットでの一括査定を知らない、または買取相場など意識したことがなく持ち込むのが当たり前という方が大半です。

そういった方が多いことからも足元を見られやすく、ある程度の査定額を提示しても、それが安いのか高いのかも分からず口車に乗せられてしまうケースが多々あります。

買取相場が分からないため、査定額を交渉することも難しく、結果的には安く買い叩かれてしまう罠に陥ります。

そして、デメリットはこれだけではありません。

複数の買取業者に持ち込み査定する必要がある

もう一つは、複数の買取業者に持ち込み査定をしに行く必要があるということです。

何件も回るのは面倒だし時間もないという方であっても、もし一番初めに持ち込み査定をしに行った買取業者で、「あなたの愛車は値段が付きません」と言われてしまったらどうでしょうか。

こればかりはどうしようもなく、そうなってしまったら、あとは次の買取業者を探して再び持ち込み査定をしてもらうしか方法はありません。

基本的に値段が付かないことが少ないため、ある程度の金額の提示はされるとは思いますが、そもそも値段が付かないと言われてしまう状態の車であれば、それはあなたの納得のいく査定額ではない可能性が高いです。

そうなってくると、せっかく長年連れ添ってきた愛車ですので、「もう少し高く買い取りをしてくれるところはないか?」と誰しも思います。

これが買取業者を複数社回らなければならない理由です。

基本的に持ち込み査定を選ばなければならない方というのは、仕事の急な転勤や家庭の事情での引っ越しにより売却する必要がある、または今すぐにでも売却してお金が欲しいという方です。

そうでなければネットでの一括査定をお勧めします。

ネットでの一括査定は何故オススメなのか?

では、ここまでご紹介してきた持ち込み査定と比較していただくためにも、ネットでの一括査定とは何がメリットで人気があるのかをご紹介します。

実はネットでの一括査定は、持ち込み査定のデメリットを全て解消してくれる方法で、足元を見られて安く買い叩かれる心配が少ないです。

なぜなら、一括査定の仕組み自体が複数の買取業者が登録をしており、それぞれの買取業者が登録料を払っています。

つまり、登録料を払う分、欲しい車は何が何でも買い取りにくるということです。

そうでなければ登録する意味がありません。

よって、自然とあなたの元に連絡をしてくる買取業者は、ある程度自信のある査定額を始めから提示してくれます。

様子見の査定額は基本的にはないと言っても過言ではありません。

そして、持ち込み査定の難点である査定額が0円だった場合に複数社回る必要がある点ですが、このデメリットもすでに解消されています。

本気の数字を出してくるネットでの一括査定では、原則として0円ということは少ないですし、始めから複数社から見積もりを手に入れることができるため、わざわざ複数社回るという煩わしさがありません。

もちろんオンラインで行う査定ですので、自宅にいながらにして簡単入力で査定ができてしまいます。

以上のように、ネットでの一括査定は前述した持ち込み査定のデメリットを全て解消してくれるため、一括査定サイトを一度でも利用したことのある方は、緊急で車を売却しなければならない状況でない限りは、こちらの方法を選択しています。

なぜ査定価格に違いがでてしまうのか?

結果的に持ち込み査定もネットでの一括査定も、買取業者に査定をしてもらうというゴールは同じはずなのに、どうしてこうも違いが出てくるのでしょうか?

それは、買取業者の買い取りに対する本気度の違いでしょう。

持ち込み査定では、高い買取価格で無理にあなたの車を買い取りする必要がありません。

なぜなら、あなたの愛車がピンポイントで買取業者が欲しい車である場合、または年式・走行距離・グレードなどそれぞれの状態がとても良い場合でない限りは、買い取りをしなくても損はしないからです。

私たちが何か物を買う時も同じで、どうしても欲しければ少し無理をしてでも買うかもしれませんが、どちらでも良い場合は買うのを諦めることもありますよね?

それと同じだと考えてください。

一方、ネットでの一括査定はどうかと言うと、わざわざ登録料を支払って一括査定サイトに登録をしているだけあって、その買取業者の得意車種や新古車のように状態の良い車、さらには年式・走行距離を問わずニーズのある車に関しては、積極的に買い取ろうという意欲が高いです。

この各査定方法での本気度の違いから、買取価格が数十万円も差が開くこともあり、当サイトでは断然ネットでの一括査定サイトをお勧めしています

まとめ

今回は持ち込み査定とネットでの一括査定の違いについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

比較するとネットでの一括査定のほうが最終的な買取価格は高くなる傾向にあり、複数社回る必要がなく効率も良いですが、本当に今すぐにでも売る必要があるくらい切迫している方は、近くの買取業者へ持ち込み査定をしたほうがその日に勝負が決められます。

そうでない方は、せっかく縁があり手に入れた愛車ですので、どこよりも高く誰よりも得をするように、ネットで一括査定を試してみましょう。

車を高く売りたい人は必見! 買取相場より30万円以上高く売る方法

今乗っている車を買い替える際、ディーラーや中古車販売店への下取りが一般的です。しかし、この下取りが大きな間違いなのです…

基本的にディーラーは販売専門であるので、車の買取は専門外です。

なので、なるべく安い値段で下取りして引き取ろうと考えています。もし自分の愛車を高く売りたいのであれば、複数の買取業者から査定額を競争させるのが一番です。

そこで、ネットで出来る「車の一括査定」で必要情報を1回入力するだけで、たくさんの買取業者から査定を査定依頼する事が出来ます。下取りとくらべて30万以上の買取価格が上がることは珍しくありません。

入力は1分で終わるので、まずはご自身の愛車がいくらで売れるのか調べてみましょう。

>>愛車の買取価格をチェックする

関連記事

車を売るならどこがいい?元買取業者のプロが裏の裏まで教えます!

中古車一括査定のデメリットとは?事前に対処できる方法をご紹介

車の一括査定の仕組みを徹底解剖!ネットで簡単に高額査定を得られるヒミツとは!?

車の電話査定は営業電話がしつこい!迷惑すぎる買取業者の撃退方法まとめ

NO IMAGE

車のキズ・ヘコミが買取りや下取りの査定への影響はあるのかお答えします

車買取業者とのトラブルとは?良くある実例集と対処する方法