事故車や水没した動かない車でも売れるのか?廃車を高く売却する方法を紹介!

低年式で過走行な車や事故車や水没した廃車は、中古車として買い取ってもらえないと諦めていませんか?

中古車の買取価格は市場での人気によって上下しますので、売れる見込みがほとんど無い古くて走行距離の多い車は、買取価格が0円ということもあります。

中古車買取業者は買い取った中古車を再販したり業者オークションに流して利益を得ることが目的なので、価値の低い車は買取価格が0円ということも致し方ないと言えます。

また、同様に事故車や水没したなどは下取りしてもらえないなどと言ったことがあります。

しかし、中古車としての買取価格が0円であっても諦めてはいけません。

廃車買取の専門業者を利用すれば、査定額が0円の廃車でも高く買い取ってもらえます

事故を起こして廃車寸前の車や、既に廃車になってしまった車の処分についてご紹介します。

廃車買取とは?

車は金属やプラスチック、FRPなど、リサイクル資源の塊でもあります。
車としての価値が無くなったとしても、資源として見ればまだまだ価値はあります。

廃車買取専門の業者は、廃車を修理して再販することが目的ではなく、廃車を解体して出るリサイクル資源を売却して利益を得ることを目的としています。

また、エンジンやアルミホイール、ボンネット、ドア、ガラス、トランスミッション、果てはシャシーまで、使えるパーツは全て中古品やリビルト品(現状復活品)として再利用・再販売します。

そのため、車が何年式であろうが何キロ走っていようが関係ありません。

廃車買取は一般的に「軽自動車」と「普通自動車」、そして普通自動車の中で小型と大型に区別され一律化された金額で買取されていることがほとんどです。
「何年式で走行距離が何㎞だから○○円」という一般中古車のような査定の付け方はされず、金属含有量が多いか少ないか、使えるパーツが多いか少ないかで分けられます。

軽自動車は1トン以下の重量でプラ資源なども少ないため、普通自動車より買取価格が低くなり、普通自動車の中でも大型の1BOXなどは買取価格が高くなる傾向にあります。

軽自動車だと一般的には概ね1万円以下、普通自動車は1万円以上の買取価格です。

事故車/不動車/冠水(水没)車でも買い取ってもらえるのか?

廃車買取は普通の中古車買取と違って、車自体の性能や人気に価値を求めません。
そのため、中古車買取なら何十万円も査定が付くような人気車も、廃車として売却した場合は数万円の買取価格になります。

普通の中古車を売却する場合は廃車買取は利用すべきではありませんが、不動車や冠水車など車としての価値が低い車体は廃車買取を利用すべきです。

前述の通り廃車買取業者は中古車として再販することが目的ではなく、パーツ販売やリサイクル資源の売買で利益を得ることをが目的ですから、車の状態で買取価格が変動することはほとんどありません。

水没してしまった車は電装周りが全て使用不可になるため、普通だと中古車としての買取価格は0円になります。

しかし、廃車買取であれば車が故障していることは関係ないため、きちんとした金額で買い取ってもらえます。

たとえ何年も放置されてボロボロの鉄くず状態の不動車であっても、難なく買い取ってもらえるのが廃車買取なのです。

ただ、1つだけ注意しなければいけない点があります。

車体の状態で買取価格が変動することはほとんどないのですが、資源が著しく減った状態だと買取価格が下がることがあります。

たとえば事故を起こしてしまい、車体が2つに寸断された状態やドアやボンネットが全て無い状態などです。

再販利用できる資源やパーツが減った状態だと、買取業者も利益が少なくなるので買取価格が安くなることがあります。

廃車を高く売るためのポイントは?

廃車買取を利用する上で重要なポイントは2つありますのでご紹介します。

▽複数の業者に見積もりを依頼する

まずは定石通り、複数の廃車買取業者に査定依頼を出しましょう。

中古車にも相場があるようにリサイクル資源にも相場があります。
自動車から採れるリサイクル資源には限りがありますので、廃車1台当たりでの利益は概ね決まってきます。
廃車買取業者もこれに準じて買取価格を決めるのですが、中には「軽自動車は○○円、普通自動車は○○円」というように、車体の大きさによって買取価格を一律で決めている業者がいます。

一律で買取価格が決まっている業者は査定に時間をかけずに即買い取ってもらえるといったメリットがありますが、やはり廃車であっても高く売るに越したことはないでしょう。

きちんと査定してくれる買取業者を選ぶべきです。

一括査定ならやはり一括査定サイトを利用した方が手間がかかりません。
また、一括査定を利用して複数の業者に車を見てもらえれば、たとえ廃車寸前であっても普通の中古車として買い取ってくれる業者が見つかるかもしれないメリットもあります。

また「廃車 買取 (お住まいの地域)」でインターネット検索すると多数の廃車専門業者が出てきます。

ホームページを見て、高く買い取ってくれそうな業者にコンタクトしてもみても良いでしょう。

▽パーツ毎に売却する

車体として売却すると非常に楽に売却できる反面、車体の大きさに応じて買取金額が決まってくるため、それ以上の高額売却は期待できません。

そのため、より高く売りたい場合は、パーツ毎に売却することをおすすめします。
廃車買取は普通の中古車と違い、車としての形さえ整っていれば買い取ってもらえます。
※業者によります

廃車買取業者の「不動車も買取ります」といった看板を、見たことがある方もいると思います。

これは前述したとおり、廃車買取業者は車自体を中古車として再販することが目的ではなく、リサイクル資源やパーツを再販することが目的のため、エンジンが載ってない、ホイールやタイヤが付いていない、ドアが無い、ガラスが割れている、その他パーツが無いなどは気にしないのです。

仕入れた廃車からパーツとして使える部分を採れるだけ採って再販し、残った車体は資源として売却するのが廃車買取業者です。

これと同じことをすれば、より高く廃車を売ることが可能になります。

と言っても、さすがにエンジンやトランスミッション等、解体に専門的な設備や知識が必要なパーツを外すことは難しいと思いますが、ホイールやシートなどはボルト止めされているだけなので簡単に取り外せます。

また、内装パーツはネジ止めやブッシュ止めされているものがほとんどですので、これも取り外すことができます。

他にも専用の工具さえあれば、ボンネットやドアといった外装パーツも外すことができます。
バラすだけバラした後に車体を売れば、パーツを外さずに売却した時と比較して最終的に手元に入るお金がかなり増えるはずです。

取り外したパーツは、オークションサイトやパーツ買取専門の業者を利用して売却してしまいましょう。

廃車の売却を最大限お得にするためのポイント

重要なポイントを押さえたらあとは売却するだけですが、最後に最大限お得にするためのポイントもご紹介します。

通常だと廃車売却~解体の手続きを行うには、手続き代行費用も含め3万円前後の料金が発生しますが、ただでさえそんなに高く買い取ってもらえないのに手続きに数万円も払ってしまったら全く意味がありません。
廃車売却で最大の恩恵を得るには、費用を抑えることも重要になります。

押さえておくべきポイントは下記の2つです。

  • 売却/解体手続きが無料の業者を選ぶこと
  • 引き取りが無料の業者を選ぶこと

もちろん全て無料で代行してもらえて、買取価格が一番高い業者を選ぶことができれば何よりですが、例えば買取金額が10万円で手続き等の諸費用が3万円掛かる業者と諸費用は無料だけど買取金額が5万円の業者であれば、前者の方が手元に入ってくる金額は高くなります。

それぞれを業者を天秤にかけて、最終的に一番お得となる方法を選びましょう。

車を高く売りたい人は必見! 買取相場より30万円以上高く売る方法

今乗っている車を買い替える際、ディーラーや中古車販売店への下取りが一般的です。しかし、この下取りが大きな間違いなのです…

基本的にディーラーは販売専門であるので、車の買取は専門外です。

なので、なるべく安い値段で下取りして引き取ろうと考えています。もし自分の愛車を高く売りたいのであれば、複数の買取業者から査定額を競争させるのが一番です。

そこで、ネットで出来る「車の一括査定」で必要情報を1回入力するだけで、たくさんの買取業者から査定を査定依頼する事が出来ます。下取りとくらべて30万以上の買取価格が上がることは珍しくありません。

入力は1分で終わるので、まずはご自身の愛車がいくらで売れるのか調べてみましょう。

>>愛車の買取価格をチェックする

関連記事

スマホアプリで中古車の一括査定や高価買取が出来る時代に!今話題のアプリを実際に使...

車を売るときに保険はどうしたらいいのか?自賠責保険や任意保険の解約手続きについて

車を売る時に一番オススメなのは一括買取り査定!その理由と方法を徹底解説します!

中古車の買取り相場がわかる「赤本」って何??

車を売るときに便利な一括査定とは?実際に利用した人の口コミも紹介

中古車買取りで実際に起こるトラブルと対処方法を紹介