中古車買取りで実際に起こるトラブルと対処方法を紹介


一昔前、車を売る時は中古車販売業者を1件1件回りながら査定してもらう方法が主流でした。

今ではインターネットの普及によって、車の売却はとても身近なものになりました。
一括査定サイトで車の情報を入力するだけで簡単に査定依頼が行えますし、出張買取など業者の行うサービスもかなりの充実を見せています。

自宅から出ることなく車の売却ができるなったのは大きなメリットですよね。

しかしその反面、売却取引の増加に比例して中古車売却におけるトラブルも数多く発生するようになりました。
業者の顧客対応リテラシーが低いことが主な要因ですが、消費者側の当事者意識が低い点も問題になっています。

気持ち良く取引を終えたいのに、無用なトラブルに巻き込まれるのは避けたいものですよね。
明日は我が身かもしれません。

実際に起こり得るトラブルの事例と解決するための手段をご紹介します。

中古車の買取りの際、どういったトラブルがあるのか?

車の売却は中古品をリサイクルショップに売るとはわけが違い、「売却契約」というものが必要になります。
契約後の重要事項が記載されている重要なものになりますので、必ず目を通して内容を理解しておく必要があります。
よく分からないまま契約を行い、後々トラブルが発生するケースが非常に多いため、契約内容に不明点があれば担当者に確認しましょう。

車の売却において起こり得るトラブルには様々なものがありますので、その事例をまとめました。

事例1:契約した当日にキャンセルを申し出たが却下された。

キャンセルに関わるトラブルは本当に多いものです。
どちらも契約書の記載をよく読んで理解していれば避けられるトラブルですね。

事例1は、基本的にいかなる理由であっても契約後のキャンセルはできないないことがほとんどですが、
「当日(または契約後すぐ)キャンセルしたい場合はどうなるのか?」を先に確認しておけば避けられたでしょう。

事例2:法外なキャンセル料を請求された。

事例2は、そもそもキャンセル料がいくらなのかは契約前に確認すべき点です。

買取業者には、契約書にキャンセルに関する事項が明記されていて、かつ、平均的な損害額であればキャンセル料を請求する権利があります。

逆に言えば、法外な金額のキャンセル料は請求されても支払う必要はありません。
もし契約書に記載されている以上のキャンセル料を請求された場合は、消費生活センターなどに相談しましょう。

・国民生活センター > 中古車売却におけるキャンセル料のトラブル
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20050805_3.html

ただ、トラブルを防ぐためには車を売ると決めたらキャンセルはしないということが大原則ですね。

事例3:査定後に不具合が見つかり買取金額を減額させられた。(または請求された)

これも事例が多いものになります。
査定した際に見つけられなかった不具合や事故跡が見つかったため、その修理分を求められたり査定額自体を減額してくるというものです。

実際のところ車の査定はプロが行っているため、査定時に見つけられたかった不具合箇所は業者の過失とみなされます。
査定結果を覆せるものでは無いとする見方から、返金を要求されてもそれに応じる必要は無いことがほとんどです。

しかし、そのことを知らずに実際に返金や支払いをしてしまったという事例が後を絶ちません。
中には売却契約後にメーター改ざんが見つかったとして、契約自体を解除して返金を求めてきた販売店も存在します。

・国民生活センター > 買取から3カ月近く経過して契約解除を申し入れてきた中古車買取専門店
http://www.kokusen.go.jp/jirei/data/200604.html

この事例だと、最終的に相談者が返金要求額の5割返金に応じてしまっています。
3か月も経過してから契約解除を求められるなんて恐ろしいですね。

事例4:言葉巧みなセールストークに乗って契約書にサインしたが、セールストークと契約書記載の内容が違った

「クーリングオフが効くので解約もできる」「契約書は建前のようなもので実際は話し合い決める」など言葉巧みに誘導し、いざ契約してみると言っていた事と契約書の内容が全然違ったという事例です。

中には、契約書に一度サインしてしまうとキャンセルは不可であることを利用した悪どい手口も存在します。

これは契約書にサインする前に担当者の言っていたことと契約書の記載が違う点を指摘していれば防げるものですね。

査定する人は営業のプロでもありますから、営業トークも非常に上手いものです。
いかなる場合でも口約束はせず、言われたことや言ったことは書面に残すなどの防止策が必要です。

事例5:営業がしつこい

これはトラブルではありませんが、査定依頼が出しやすくなったことで起こりやすくなった事例なのでご紹介します。

売るつもりはないけどちょっと査定だけ出してみようと思う人も多いと思います。
しかし業者は売り手の考えなどは分かりませんから、査定依頼を出した直後に営業の電話が大量にかかってくることがあります。
しつこい業者だと1ヵ月近く電話をかけ続けてくることもあります。

しつこい営業には「今は売る気は無くて査定に出してみただけ」ときっぱり断りましょう。
そうすればその後連絡が来ることはほとんどなくなります。

実際にトラブルが起こった時はどうしたら良い?

実は中古車売却トラブルは、契約がらみの事例がほとんどです。
事前に確認しておけばこんなトラブルは発生しなかったということがほとんどですから、
契約書に書いていないことや口頭説明と違う記載があった時はサインする前に確認しておけば良いのです。

と言っても、実際に契約を前にすると大事なことが抜けていたり、そもそも何を確認すれば良いか分からないこともありますよね。
また、営業トークに乗せられて大丈夫だろうと信用し、結局トラブルが発生してしまうケースは多いものです。

実際にトラブルが発生してしまった時の対処方法をご紹介します。

中古車買取業者と話し合う

契約書に関する内容であっても、当事者同士の話し合いで解決することがあります。

まずは事を大きくする前に、販売店に認識齟齬があったことを伝えてみましょう。

話し合いで解決策を見出す事も、トラブルを解決する有効な手段の一つです。

車買取でのトラブルは、消費生活センター(国民生活センター)に相談する

消費生活センターには、中古車売買に関する様々な相談が年間7000件以上寄せられています。

消費生活センターは消費者の立場に立って解決に当たってくるため、トラブルが発生した時の駆け込み寺です。

売り手側に非がある場合は必ずしも希望通りに解決できるとは限りませんが、
対応に困ったらまず消費生活センターに相談することをおすすめします。

中古車買取に関する法律の専門家に相談する

中古車の売買契約に関わるトラブルは、その度合いによっては訴訟問題に発展することもあります。
売り手が原告(訴える側)になることもあれば、逆に被告(訴えられる側)になることもあります。

万が一、そういった事態に発展してしまった場合は弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。
売買契約に強い弁護士は、中古車トラブルの事例や実際の判例を多く持っていますから、強い味方になってくれます。
また、消費生活センターでも、法的に手に負えない案件は法律の専門家に相談するよう勧められる場合もあります。

訴訟などの面倒事は気が進まないものですが、紛争を解決する非常に有効な手段でもあります。

中古車買取のトラブルを事前に避けるには

業者のトラブル防止の水準が低いという要因の他、売却契約を行う消費者自身に当事者意識が低い点も問題として挙げられます。
事前に相場を確認することを怠ったり、セールストークに乗せられて確認することなく売ってしまった、などですね。

相場を確認しておけば「買取金額が安すぎることを知ったからキャンセルしたい」という事態も防げますし、契約前にきちんと契約書の内容を理解しておけば「担当者の言っていたことと契約書の記載が違う」という事態も防げます。

車の売却は大きな金銭のやり取りが発生しますし、大きな決断を迫られるものになります。
売買契約とはいかなるものかということをしっかりと把握して、事前準備を怠らないよう心構えをしておきましょう。

車を高く売りたい人は必見! 買取相場より30万円以上高く売る方法

今乗っている車を買い替える際、ディーラーや中古車販売店への下取りが一般的です。しかし、この下取りが大きな間違いなのです…

基本的にディーラーは販売専門であるので、車の買取は専門外です。

なので、なるべく安い値段で下取りして引き取ろうと考えています。もし自分の愛車を高く売りたいのであれば、複数の買取業者から査定額を競争させるのが一番です。

そこで、ネットで出来る「車の一括査定」で必要情報を1回入力するだけで、たくさんの買取業者から査定を査定依頼する事が出来ます。下取りとくらべて30万以上の買取価格が上がることは珍しくありません。

入力は1分で終わるので、まずはご自身の愛車がいくらで売れるのか調べてみましょう。

>>愛車の買取価格をチェックする

関連記事

スマホアプリで中古車の一括査定や高価買取が出来る時代に!今話題のアプリを実際に使...

中古車の買取り相場がわかる「赤本」って何??

車の買取を電話で査定依頼したい人は要チェック!しつこい迷惑電話は本当にあるのか?

車を売るときに車検切れだと値段が下がるのか?車検有り無しでどう変わるのか紹介

車を売る時に一番オススメなのは一括買取り査定!その理由と方法を徹底解説します!

自動車ローンが残っていても買取りや一括査定をしてもらえるのか?