【知らないと損】車の下取り価格を「1分・匿名」で知るオススメの方法とは?

車を新車に買い替える際に、ディーラーなどで愛車を下取りしてもらうのが一般的ですが、「愛車の下取り相場はいくらだろう?」と思ったことはありませんか?

「下取り価格は○○万円です」と伝えられても、その査定額が高いのか少ないのか素人では判断することができません。

下取り相場を知ることができれば、ディーラーなどと同等に交渉することも可能であり、更なる高額査定をしてもらうこともできます。

そこで今回は、愛車の下取り価格を調べる方法や利用する上での注意点、そして下取りの査定額をアップさせるコツなどをご紹介していきます。

愛車の下取り参考価格を実際に調べてみよう!

前述しましたが、愛車を下取りしてもらう際に、誰しもが「自分の車の下取り相場っていくらだろう?」と疑問に思うはずです。

車関係の仕事に従事しているような方でなければ、基本的には下取りや買い取りの違い、さらには下取り相場がいくらであるかは分からないのも無理はありません。

そこで下取り相場を簡単に調べる方法をご紹介します。

トヨタの下取り参考価格サイト

まずはトヨタのサイトですが、全体的にシンプルな作りとなっており、「メーカー」「車名」「年式」など簡単な情報を入力していくだけで、愛車の下取り参考価格を知ることができます。

ちなみに、個人情報を入力する必要がなく、あくまで簡単な車の情報のみで検索できるところが優れています。

もちろん無料で利用できます。

トヨタの下取り参考価格サイトはこちら

http://toyota.jp/service/tradein/dc/top

日産の下取り参考価格サイト

こちらの日産のサイトもトヨタと同様にシンプルな作りとなっており、同じく「メーカー」「車種」「年式」などの簡単な情報を入力することで、愛車の下取り参考価格を調べることができます。

もちろん個人情報もいりませんし、無料で利用できる上に、トヨタのサイトよりも若干ですが情報は細かく出てきます。

日産の下取り参考価格サイトはこちら

http://tradein.nissan.co.jp/MAKER/

ナビクルの下取り参考価格サイト

みなさんはナビクルというサイトをご存じでしょうか?

車業界では有名なサイトで、車の下取り価格や買取価格を一括査定できるサイトです。

一括査定とはどういう意味であるのかについては、後ほどご紹介します。

前述したトヨタや日産のサイトと比べると、個人情報を必要としておらず無料で利用できる部分は同じですが、デザイン性や機能性の面で優れています。

また、その参考価格は過去・現在・未来と三段階で表示される仕組みとなっており、愛車を手放すタイミングまで教えてくれます。

検索しているユーザーとしては、楽しく気軽に愛車を査定することができるのが魅力です。

ナビクルの下取り参考価格サイトはこちら

https://www.navikuru.jp/souba/

下取り参考価格サイトを比較

トヨタ・日産・ナビクルの3サイトをご紹介してきましたが、それぞれの特徴をまとめてみました。

トヨタ:シンプルに下取り価格のみ知りたい方向け

日産:新車購入時の価格や他グレードも見てみたい方向け

ナビクル:細かく分かりやすく査定価格を知りたい方向け

ここまで読んでいただくと、思ったより簡単に愛車の下取り参考価格を調べられることが分かったのではないでしょうか。

しかし、これらの下取り参考価格サイトを利用する上で、いくつか気を付けていただきたいこともあります。

それは、あくまで下取り参考価格であるということです。

つまり実際にその価格で売却できるかどうかは分からないということになります。

詳しくは下記をご覧ください。

参考価格サイトを利用するならココに注意!

ここまでの紹介で、いかに簡単に下取り参考価格を調べることができるかが分かったかとは思いますが、実は見落としてはいけない盲点もそこにはあります。

いわゆるデメリットになる部分についても解説していきます。

あくまでも下取りの参考価格である

上記3サイトで調べることのできる下取り参考価格は、あくまでも参考であって、その査定額で売却できる保証はありません。

愛車のコンディションやオプションの有無などによっても、下取り査定額が数万円は異なることもあります。

あくまでシミュレーションですので、その通りの下取り査定額が出ればラッキーだと思っておいたほうが賢明です。

参考価格サイトによっては価格が前後する

トヨタ・日産・ナビクルどれにも言えることですが、それぞれの参考価格サイトで下取り参考価格の算出方法は異なります。

よって、下取り参考価格を調べても数万円は開きがでることも珍しくなく、「トヨタは高い参考価格だからそれを信じる」とならないように気を付けましょう。

他社メーカーは下取り価格が安くなる

一概には言えませんが、トヨタの下取り参考価格サイトにて自社生産のトヨタ車と他社生産の日産車を下取り査定してみると、やはりトヨタは自社車両を高く下取りする傾向にあります。

特に理由もなければ、その車種の取扱店で下取りをしてもらうというのが一番良いでしょう。

下取りの参考価格は日々変動する

中古車も他の商品と同様に相場があり、それは日々さまざまな要因により変動していきます。

今日見た参考価格で明日も売却できる保証はありません。

もちろん特別な事情がない限りは何十万円も差が開くことは考えにくいですが、数万円程度なら前後する可能性は大いにあります。

必ずしも、今日の査定額で明日も明後日も売れると思わないように注意しましょう。

下取り査定額をアップさせる方法!

下取りとはすなわち新車購入時に愛車を買い取ってもらうことですので、これもれっきとした交渉・商談になります。

物の売買には必ず原価と利益があり、それを増減させるからこそ色々な商売が成り立っています。

そこで下取りにおける交渉術もご紹介していきます。

愛車の中古車市場での相場を把握しておく

自分の愛車が中古車市場にていくらで売買されているのかを知っておけば、下取り交渉の際に自信を持って臨むことができます。

例えば、50万円で取り引きされている愛車の下取り査定額が30万円と言われたらどうでしょうか?

「いやもう少し高く取り引きされていますよね?」などと切り返し、営業マンを揺さぶることも可能です。

これを知らないと営業マンの言い値で下取りが完了してしまうため、やはり相場を知っておくに越したことはありません。

どうしても車を売りたい営業マン

どこの業界もそうですが、営業マンたるもの商品を売ってなんぼです。

下取りの話をしている今も営業マンの心理としては、早く契約書にサインをして欲しいと思っています。

弱みに付け込む訳ではないですが、そこは下取り価格アップのためにも心を揺さぶりましょう。

新車を購入してくれるという前提があっての下取りですので、その下取り価格に満足していなければ、そもそもの新車購入も難しいかもと思わせるだけで良いのです。

「後々のローン返済を考えると、もう少し高く下取りしてくれないと買えないよ」など、新車購入が難しくなる雰囲気になってくれば、そこは営業マンも売りたい心理が働くので何かしらのアクションを起こします。

これで数万円アップすることを考えれば、言わない手はないでしょう。

買取業者からの見積もりも取ろう!

一般的に新車購入ありきの下取りよりも買い取りのほうが高値だと言われています。

なぜなら、次の買い替えする車も決まっている段階であれば、無理に高い金額でお客さんの車を買い取る必要がないからです。

それ以外にも買取業者で見積もりを取るメリットがありますので紹介していきます。

無理に下取りに出す必要はない

何も新車購入するからと言って、そのまま下取りもお願いする必要はありません。

高く買い取ってもらえるのであれば、それが買取業者でも問題はありませんし、その資金を新車購入の頭金にすることも可能です。

下取りと買い取りのおおまかな価格差ですが、約20万円も差が開くことも珍しくありません。車種によりけりですが^^;

車買取の一括査定サイトが便利

下取りよりも買い取りのほうが高く買い取ってもらえることは分かったかとは思いますが、さらに買取査定を複数社にしてもらうことにより、愛車をオークション形式で査定額アップさせることも可能です。

あなたの車が欲しい買取業者は山ほどいますので、そこを逆手に取って値段を吊り上げていく方法です。

「A社が30万円で買い取るなら、うちは40万円で買い取るよ」という買取業者も実際に存在します。

本当にそんな買取業者がいるのかな?と疑問に思われた方は、是非この一括査定サイトを利用してください。

前述した参考価格サイト「ナビクル」がまさにそうですが、登録している買取業者が数多くあるため、あなたが入力した情報を元に、複数社から見積もりが取れるシステムになっています。

好きな時間に自宅で簡単に複数社から見積もりを取ることができるため、これほど効率の良い愛車の売却方法はありません。

どうせ売るなら、高く売れる方法を選びましょう!

車を高く売りたい人は必見! 買取相場より30万円以上高く売る方法

今乗っている車を買い替える際、ディーラーや中古車販売店への下取りが一般的です。しかし、この下取りが大きな間違いなのです…

基本的にディーラーは販売専門であるので、車の買取は専門外です。

なので、なるべく安い値段で下取りして引き取ろうと考えています。もし自分の愛車を高く売りたいのであれば、複数の買取業者から査定額を競争させるのが一番です。

そこで、ネットで出来る「車の一括査定」で必要情報を1回入力するだけで、たくさんの買取業者から査定を査定依頼する事が出来ます。下取りとくらべて30万以上の買取価格が上がることは珍しくありません。

入力は1分で終わるので、まずはご自身の愛車がいくらで売れるのか調べてみましょう。

>>愛車の買取価格をチェックする

関連記事

関連記事がありません。