中古車一括査定のデメリットとは?事前に対処できる方法をご紹介

今の世の中ではインターネットの普及により、どこでも気軽に車の情報を手に入れることができます。

そんな中で人気を集めているのが、車の一括査定サイトなのですが、実はこの一括査定にはメリットも多いですが、デメリットがない訳ではありません。

気軽に簡単入力で複数社から見積もりを手に入れることができ、デメリットなどないのでは?とお思いの方も多いとは思いますが、利用する上で気を付けていただきたいことを今回はご紹介していきます。

車一括査定のデメリットって何があるの?

一見すると悪いところなどなさそうですが、複数の買取業者とやり取りをするということは、それだけ時間を要するということにつながります。

以下にデメリットをまとめてみましたのでご覧ください。

  • 電話対応に追われる可能性がある
  • 訪問査定時間が限られているケースがある
  • 交渉ベタは営業マンの餌食になる可能性がある

以上が主要な一括査定サイトのデメリットになります。

ここでこれらのデメリットを一つずつ解説していきます。

電話対応に追われる可能性がある

そもそも車の一括査定サイトには複数の買取業者が登録料を支払い登録しており、あなたが車の情報や個人情報を入力し登録をした時点で、各買取業者へ一斉に入力データが送信される仕組みになっています。

その便利なシステムが元で複数社から一度に見積もりを手に入れることができるため、メリットのようにも感じますが裏を返すとデメリットにもなってしまいます。

前述した通り、各買取業者は登録料を支払っているため、買い取りができて初めて利益になるのです。

買い取りができなければ登録料を支払っている意味もないため、あなたのデータが送られてくると早々にどの業者も必死になってアプローチをしかけてきます。

それが理由で数分の間に何十件もの電話がかかってくるため、うまく対応できない方やこれを知らなかった方は、「なんで?」「電話が多くて困った」ということになります。

知っていればメリットなのですが、知らないとデメリットになってしまうのが痛いところです。

始めからこれを知っていれば、一件ずつ丁寧に対応をして、それぞれから「いくらまで買取価格を頑張れるのか?」を交渉できるので、知っている方からするとメリットでしかありません。

訪問査定時間が限られているケースがある

訪問をするということは、各買取業者の営業マンの時間を割くということです。

本音としては、売ってくれる見込みのあるお客さんのところへ一件でも多く伺いたいという気持ちがあるため、見込みがなければ早々に切り上げようとしてくるのも仕方がありません。

あなたの対応次第では、「この人は売る気がないな」と思われてしまい、明確な査定額も知ることがないまま訪問査定を打ち切られる可能性も少なくないため、愛車の査定額をきちんと教えてもらえるように、多少のパフォーマンスも必要とされてきます。

裏を返すと、「この人は売る気がある」と思わせれば、営業マンも本気の査定額で勝負をかけてきますので、こちらとしても愛車のアピールポイント(走行距離が少ない、純正で数種類のオプションも搭載など)を的確に伝えられるように準備をしておき、買取業者の最大での査定額をうまく引き出しましょう。

ここでうまく買取業者A社の最高値の査定額を引き出せれば、あとはB社C社と同じように交渉をしていくことにより、オークション形式で査定額を引き上げていくことも可能です。

これもデメリットをうまくメリットに変えられるパターンになります。

交渉ベタは営業マンの餌食になる可能性がある

一括査定サイトでは、各買取業者と最低でも2回はやり取りを行う必要があります。

まず始めは、登録時に各買取業者からの訪問査定をさせて欲しいという電話またはメール連絡時、そして次は訪問査定当日の買取業者との対話の2回です。

やり手の営業マンの中でも、訪問査定をする手間も省いて電話交渉で即決を促す凄腕営業マンもいますが、そういった方に即決をさせられてしまうケースとして挙げられるのが、「こちらの押しが弱い」または「そもそもいくらでも良いから買って欲しい」というパターンのどちらかです。

営業マンとしても訪問するまでもなく買い取りができれば、それにこしたことはないので、ある程度は電話で探りを入れてくるケースもあります。

さすがに電話で決めるのは早過ぎると思うお客さんが多いため、多くは訪問査定まで話が進むのですが、この訪問時にも凄腕営業マンに気を付けるべきポイントがあります。

それは、「いくらで買い取りを希望されていますか?」の質問には、絶対に明確な金額を提示しないようにしてください。

もしあなたが口に出した金額が、買取業者が想定する買取額を下回ってしまうと損をしてしまいます。

このような状況になった場合は、必ず「各買取業者の中で、一番高値を出してくれたところへ売却します」と答えるのがベストです。

営業マンとしても、下手に安い買取額を残していく訳にもいかないため、ギリギリの最高値で勝負をかけるしかなくなってしまいます。

一つ一つ順を追って丁寧に対処していけば、きっと高額査定を手に入れることができるでしょう。

トラブルに対処するには?事前に対策できるの?

では、ここまでご紹介した一括査定トラブルに対処することはできるのでしょうか?

上記でも簡単にご説明はしましたが、事前に対策をすることによりトラブルを未然に防ぐことは可能です。

まずは、電話対応に追われる可能性があることについてですが、これは自分のペースで電話対応をすることで防げます。

確かに何十件も電話がくるため、全ての電話に対応をすることはなかなか難しいかもしれません。

そこでお勧めする方法としては、あなたがこれだと思う業者にのみ連絡を返せば問題ありません。

全ての買取業者と対応する必要はなく、全てに対応をしようと思うから追われてしまうのです。

中には対応が良くない業者も少なからず存在しているため、そこは精査しながらうまく対応していきましょう。

査定時間を早めに打ち切られてしまう問題については、上記で触れたように売る気を見せれば問題ありません。

そして最後に凄腕営業マン対策ですが、どれだけ対策を練ってもプロの営業マンに交渉で勝つことは難しいため、絶対にやるべきことだけ復習しておきましょう。

それは、あなたの売却希望額を提示しないということです。

これさえ守ることができれば、決して損をしない交渉を進めていけるでしょう。

まとめ

今回は車の一括査定サイトを利用する上で、デメリットには何があるのかをご紹介してきましたが、参考にしていただけそうでしょうか?

何事もそうですが、便利なものには必ずデメリットがあり、完璧なものなどありません。

一括査定サイトだけに限らず、デメリットとうまく付き合っていくことで、それがメリットに生まれ変わることもあります。

例えば、電話が多いから迷惑だというデメリットも、電話が多いからそれだけ交渉をして買取価格を吊り上げることができるというメリットに生まれ変わります。

これから一括査定サイトを利用しようとお考えの方は、是非このデメリットを回避しようのないマイナス点だと捉えるのではなく、前向きにそれをメリットに変えていこうと発想を転換させてください。

これからもみなさんの車買取をお手伝いできれば幸いです。

車を高く売りたい人は必見! 買取相場より30万円以上高く売る方法

今乗っている車を買い替える際、ディーラーや中古車販売店への下取りが一般的です。しかし、この下取りが大きな間違いなのです…

基本的にディーラーは販売専門であるので、車の買取は専門外です。

なので、なるべく安い値段で下取りして引き取ろうと考えています。もし自分の愛車を高く売りたいのであれば、複数の買取業者から査定額を競争させるのが一番です。

そこで、ネットで出来る「車の一括査定」で必要情報を1回入力するだけで、たくさんの買取業者から査定を査定依頼する事が出来ます。下取りとくらべて30万以上の買取価格が上がることは珍しくありません。

入力は1分で終わるので、まずはご自身の愛車がいくらで売れるのか調べてみましょう。

>>愛車の買取価格をチェックする

関連記事

なぜ買取価格に差が出るのか!?ネットの中古車一括査定と持ち込み査定に違いが出る理...

中古車を売るとき一括買取査定シミュレーションがなぜ早いのか?

車が買取できないパターンがある!?一般的に買取不可な中古車の特徴を紹介!

車の電話査定は営業電話がしつこい!迷惑すぎる買取業者の撃退方法まとめ

車を売るならどこがいい?元買取業者のプロが裏の裏まで教えます!

車買取業者とのトラブルとは?良くある実例集と対処する方法