水没車は修理?買い替え?車が水没したけど保険がない!水没車の買取サービス紹介と対策を徹底アドバイス

水没車を買取してくれるサービス紹介
近年自然災害が増加してきており、各地で台風や大雨の被害を受けています。

また台風や大雨の被害により、道路が水没したり冠水するといった状況も頻繁にみられるようになってきました。

車に乗っている最中に大雨で、道路が水没する現場に遭遇してしまう可能性もあります。

またなんらかの原因で車が水没してしまう現場に立ち会う可能性も高くなってきているでしょう。


車が水没被害にあってしまったとき、あなたの水没してしまった車はどうしますか?

もし車両保険に入っていないまま、車が水没してしまった場合

「車両保険に入っていなかったから、どうしよう」

「水没してしまった車を修理に出した方がいいのかな」

「水没してしまった車を修理に出さずに、そのまま買い替えた方がいいのかな」

と悩む方も少なくありません。

水没車は修理するのか買い替えるのか、車両保険に入っていなかった場合どうすればいいのかを詳しく徹底的にアドバイスします。

また、車両保険に加入する必要性についても合わせて説明しているので気になる方はこちらをチェックしましょう。

車が水没したらそのまま使用するはダメなのか?

水没した車を運転するのはダメ!の画像
タイヤの上以上に車が水没してしまった場合、水没した車をそのまま使うことは大変危険です。

なぜなら、タイヤ以上に車が水没してしまっている場合、マフラーに水が侵入している可能性があります。

マフラーに水が侵入しているまま、車のエンジンをつけてしまうと正常にマフラーから排気を行うことができず、エンジンが壊れてしまうでしょう。

水没が車の座席シートより上の位置になり、深く車が水没してしまった場合には、マフラーだけでなくエンジンや車の電気系統が故障してしまっている可能性もあります。

エンジンをかけると水に電気が走って車の電気系統がショートしてしまい、火災に繋がる恐れもあるでしょう。

大変危険ですので、深く水没してしまった車はむやみに動かさないようにしてください。

車にもなるべく近づかないようにしましょう。

注意車が水没してしまった時は、自分で移動や運んだりせず、レッカー車などを手配し運んでもらってください。

また、車体の水が乾いたからといっても、水没により目には見えない故障が車の内部でおこっている可能性もあるため、水没してしまった車はいずれにせよむやみにエンジンをつけて動かさないようにしましょう。

水没がマフラーにまで達しておらず、タイヤまでの場合は特に心配する必要はありません。

水没した車は修理に出すのと買替どちらがお得?


水没してしまった車を修理に出すのと、買い替えるのではどちらがお得なの?

水没車を修理すると修理代はいくらかるのか?

確かに気になるのが修理代などのお金の問題ですよね。

ここからは水没車を修理する際のデメリットや、水没車を買い替えるメリットなどと合わせてご紹介していきます。

水没車を修理する場合、修理代は高い!?

注目!車両保険に加入していなかった場合、車の修理代は全額自己負担となります。

また、車両保険に加入していたとしても、水没保証のプラスオプションに加入していなかった場合は全額自己負担です。

水没車は交通事故などで車が故障する時と違い、エンジンや電気系統などが水没で故障している可能性があります。

そのため、基本的に交通事故での車の修理よりも、水没した時の車の修理代の方が高いです。


どの部分が故障しているかによって修理代が大きく変わってくるよ!

では車が水没した度合いによって、おおよそいくら修理代がかかるのかをご紹介していきましょう。

  • 車の水没が軽度の場合
    数万円程度
  • 車の水没が座席シートよりも下だった場合
    約25万円
  • 車の水没が座席シートよりも上だった場合
    約50万円

車の水没が座席シートよりも上だった場合、車のマフラーが水没してしまっていますので、マフラーを修理すると高額な費用がかかってしまいます。

もちろん、水没の影響で目には見えない故障が車の内部で起こっている可能性もあるため、それ以上の修理費用がかかる場合もあり得るでしょう。

あとは、エンジンが故障してしまっている場合、エンジンの修理を行うとなると数十万から、最高で100万円以上修理代がかかる場合もあります。

高い金額を払って修理をおこなったとしても、電気系統やエンジンは修理後不具合を起こしやすくなりますのでご注意ください。

車が水没した場合は、軽度の水没であれば修理にだせば大丈夫かと思います。

しかし、車の水没が深刻であった場合は、修理費用が高額になるため修理にだすよりも買い替えるなど別の選択をしたほうがいいでしょう。

水没車を買い替えるメリットは何か?

水没により、エンジンや電気系統が故障していないのであれば、車を購入したのが5年以内で比較的新車だった場合、修理に出すほうがいいかもしれません。

しかし水没した車が購入してから5年以上たっている車となると、修理をしてまで乗り続けることにメリットはないと思います。

その上、年数が経っている車は一度故障して修理してもらっても、また故障する確率が高くなるでしょう。

水没した車によほどの思い入れがあり、乗り続けたいという方以外は車を買い替えることをオススメします。

水没車でも高額で買取を行なってくれるためのサービスを次の項目でご紹介しますので、そちらで水没車の買取査定を行なってもらえます。

そして、買取で受け取った費用を新車に買い替える費用に当てる方がメリットがありお得です。

次項では水没した車でも買取査定をしてくれるサービスを紹介します。

水没車でも査定買取してくれるカービュー!

みなさん、水没車でも査定して買取を行ってくれるサービスのことはご存知でしたか?

水没の被害がひどい車となると廃車の道しかないと思われる方が多いと思いますが、カービュー 事故車の買取査定のサービスでは水没がひどい状態でも問題なく車の買取査定を行ってくれます。
水没した車を買取査定してくれるカービューの画像「事故車・不動車・水没車の買取ならカービュー!動かなくても大丈夫!」

こちらの、カービューでは「動かなくても大丈夫!」ということで、もちろん水没してしまって動かなくなってしまった不動車でも買取査定を複数社から比較して一括で行います。

カービュー公式


水没して動かない車を買い取る理由は何?裏があるんじゃ…

ではなぜ、このカービューの買取サービスが動かない車でも買取をやってくれるのかを説明します。

廃車になった車と同じように買い取った不動車の、故障して使えない部品は廃棄してそれ以外の故障していないパーツを解体します。

そして、その故障していない解体したパーツを海外などで販売しているためです。

日本車は海外では質が良いと人気のため、水没車であっても高く買い取ってくれます。


日本の車が海外で人気だと分かる動画をご紹介!
海外で人気の日本の車おもしろ動画として、イギリスの公共放送局BBCが面白い!?方法でトヨタのハイラックス耐久性能を調べた動画を公開しています。

その動画では海の中に沈めても日本車(ハイラックス)のエンジンが動き出し、海外のエンジニアたちが歓声をあげます。

※動画の1分30秒から水没させるシーンが始まります。


この映像にあるように日本車は性能が高いと認知されているため、完全に動かなくなってしまった車でもパーツごとに需要がかなりあるのです。

動かない車となると廃車にすることを考える人が多いかと思いますが、廃車費用がかかってしまったり、手続きが必要になったりと面倒です。

ですが、買取カービューでは動かない車でも買取を行ってくれて、お金を受け取ることができます。

その買取の費用で次の新車の費用に当てたり、次の車を購入する際の車両保険に加入する金額に当てることができますね。

ぜひ、動かなくなった車でも、こちらの買取カービューを一度使用して査定を行ってみてください。


査定は、45秒、3つのステップだけなのでお手軽に一括査定してもらえます。

カービュー公式

車を買替るなら複数社を比較して最高額で売却しよう!

車を買い替えるならカービューがオススメと紹介しましたが、どうしてオススメなのかをもう少し掘り下げてみます。


「事故車・不動車・水没車の買取なら買取カービュー|動かなくても大丈夫!」

買取カービューでは、一括査定で複数社の査定額を比較して最高額で売却を行うことができます。

車を買い替えるとなると、買取の費用を少しでも高く買い替えの費用に当てたいですよね。

簡単に査定を行うことができて、複数車から査定額を出してくれるので、最高額を出してくれた会社で車を買取ってもらうことが可能です。

買取カービューで査定をお願いするだけで、複数社の査定額を出してくれるため、


どの会社が高く買ってくれるんだろう…?

と色々ネットで会社を調べる必要もありませんし、手間と時間を省くことができます。

カービュー公式

もしもに備えて!車両保険に加入しよう

水没した車を買取査定にだした後は、車を買い替えることをみなさん考えると思います。

もしものためにも保険に入ろう!の画像
そして、もしも車が事故や水没被害にあった時に、修理代を全額自己負担する事態にならないように、新車に買い替える際は車両保険に合わせて加入しましょう。

水没車は保険の対象?

最近では、大雨の被害などにより洪水が発生するという自然災害が増えてきましたね。

そんな時に自分の車が水没してしまった場合でも、車両保険に入っていれば、保険金を受け取ることができます。

しかし、車両保険に入っていない場合は、保険金などのお金を受け取ることはできまん。

修理代も全額自己負担となります。

なので、もしもの時に備えて保険に加入しておくことをオススメします。

地震による津波の影響で車が水没してしまった場合には、保険金がおりませんのでご注意ください。

地震の被害を受けた場合、保険金をもらうためには車両保険に「地震特約」というものをプラスでつけなくてはいけません。

何が起こってもいいように、車両保険に地震特約をプラスして一緒につけておくといいでしょう。

複数社を比較して賢く車両保険の見積もり!

車両保険に加入する際は、複数の保険会社を比較してもっとも安い車両保険に加入するのは当たり前ですよね。

安い保険をあれこれ探すよりも、自動車保険比較サイトを使えば簡単に安い保険を選べるのでオススメしています。

そんな保険比較サイトで選ばれているのが、自動車保険比較サイト『保険スクエアbang! 自動車保険』です。

保険のバナー画像

この自動車保険比較サイト保険スクエアbang!は、一括見積もり依頼をしたことにより、平均で35,000円ほど安くなったという声が上がっています。

中には50,000円以上も安くなったという人もいます。

一社ずつ車両保険の見積もりを調べていくよりも、一括で複数社比較してくれて、50,000円以上も安くなるチャンスです。

ぜひ一括見積もりを行なってみてください。

見積もりに関しては無料で3分で行うことができるので、とても時間の短縮になりますし保険は掛けていて損はないのでおすすめです。

保険スクエアbang!公式

水没車は買取がオススメ!車両保険は大切

水没した車は、水没の被害がひどい場合エンジンや電気系統が故障している可能性があるため、修理をしてもらうのに高額な金額がかかってしまう可能性が高いです。

数年乗っている車であれば、修理に出して高額な代金を出すよりも、新車を買ったほうが断然お得です。

高額な費用を出して修理に出したとしても、一度水没で故障した車は故障しやすくなるという問題や、匂いや汚れがその後残ってしまうという問題があります。

そのため、思い入れのある車でない限りは、修理に出さずに買い替えることをオススメします。

ご紹介した、買取カービューでは水没車でも買取を行ってくれますので、買取金額を買い替えの費用に当ててください。

そして、次に万が一水没してしまった時に車両保険に加入していない場合、また全額修理費用が自己負担となってしまいます。

全額自己負担にならないためにも車両保険に加入し、保険金を受け取れるようにしてくださいね。

水没車を買い換えた際には車両保険に必ず加入しましょう。

水没車以外の愛車の買取一括査定は車高価買取.onlineで紹介しています。

車を高く売りたい人は必見! 買取相場より30万円以上高く売る方法

今乗っている車を買い替える際、ディーラーや中古車販売店への下取りが一般的です。しかし、この下取りが大きな間違いなのです…

基本的にディーラーは販売専門であるので、車の買取は専門外です。

なので、なるべく安い値段で下取りして引き取ろうと考えています。もし自分の愛車を高く売りたいのであれば、複数の買取業者から査定額を競争させるのが一番です。

そこで、ネットで出来る「車の一括査定」で必要情報を1回入力するだけで、たくさんの買取業者から査定を査定依頼する事が出来ます。下取りとくらべて30万以上の買取価格が上がることは珍しくありません。

入力は1分で終わるので、まずはご自身の愛車がいくらで売れるのか調べてみましょう。

>>愛車の買取価格をチェックする

関連記事

事故車や廃車でも高く売れる!すぐに査定結果が来る車買取業者について