修復歴・事故歴のある車でも売れます!確実に売る方法と一般の買取り相場との比較を紹介!

「今乗っている車を売りたいな…、だけど自分の車は1度事故を起こした事故車だし、しかも大きな事故だったから修復歴もあるし…。こんな車ってどこも買取ってくれないよね…。」

1度事故を起こした車や修復歴がある車は、買取りの依頼をしても二束三文になると、どこかでお聞きになったことがあることでしょう。

買取る側も修復歴や事故歴がある車となると、買取ったあとにどのような不具合が出るかもわからないというリスクがありますし、そもそも修復歴がある車や事故車は、たとえ買取ったとして、中古車として販売したところで利益がさほど得られない…。

もしあなたが中古車を買うとなった場合に、相場より極端に安い中古車をみつけたとします。

値段が安いとまず何を確認するかというと、修復歴や事故歴の有無でしょう。

修復歴や事故歴がある車は相場より安い価格で販売されていますし、それらの経歴がなかったとしても、どこかに不具合があり修理・交換が必要であったり、過走行車の可能性が高いと思います。

そう考えると「やはり修復歴・事故歴のある車は買取ってないよね…」とお思いかもしれませんが、実は修復歴や事故歴があっても、車を買取ってもらうことはできます。

また修復歴や事故歴がある場合、買取相場よりどれくらい価格が下がってしまうのかは気になるところですよね。

今回は修復歴や事故歴のある車はどうすれば買取ってもらえるのか、買取ってもらえるとなった場合は、通常の買取相場よりどれほど価格が下がるのかについてご紹介していきます。

そもそも修復歴ありの車ってどんな車?

まずは「修復歴がある車」とは、どのような車のことをさすのでしょうか。

例えばドア部分を少しぶつけてしまって、1cmほどの凹みができてしまったので、その凹みを修復したという場合、この車は「修復歴がある」とはいいません。

中古車査定士は、中古車の修復歴の有無をどのように確認しているのか、JAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)はどのような車を修復歴があるとみなしているのかをみていきます。

中古車査定士の査定基準としては「交通事故やその他の災害により、自動車の骨格等に修復歴のあるもの」を修復歴ありの車とみなします。

骨格(フレーム)部位等を交換したり、あるいは修復(修正・補修)したものが修復歴ありという見方をするのです。

具体的には、以下の8カ所の骨格部位に損傷があるもの、または修復されているものは修復歴ありとなります。

  1. フレーム(サイドメンバー)
  2. クロスメンバー
  3. インサイドパネル
  4. ピラー
  5. ダッシュパネル
  6. ルーフパネル
  7. フロア
  8. トランクフロア

車のほとんどがモノコック構造で、車重を軽くし、外部からの衝撃に対し車室部の前後で衝撃を吸収させ、乗員の安全性を確保する構造になっています。

モノコック構造は、車のボディそのものに骨格としての強度をもたせたフレームのない車体構造(フレームレスボディ)のことをいいます。

簡単にいうと、人は体内に骨(フレーム)があり体を支えていますが、昆虫のように頑丈な外殻(ボディ)で体を支えているのがモノコック構造なのです。

車は外部から強い衝撃を受けることで、力を受けた周辺部だけでなく、ボディ全体が変形します。

そのため車の骨格等に強い衝撃を受けた事故では、商品価値の下落が見込まれ、修復歴ありの車になってしまうのです。

中古車査定士だからこそ修復歴ありかどうかを見つけることができますが、車のメカニックであっても修復歴ありかどうかを見つけることができます。

修復歴がある場合は、やはり板金のあとがみられたり、部位を交換しているものであれば、部品の劣化度合いをみるとすぐに修復歴があるかどうかはわかるのです。

買取査定業者にだまされてはいけない!修復歴・事故歴ありの車を高く売る方法!

先ほどのお話しで、修復歴ありの車は骨格(フレーム)を交換していたり、修復している車のことをいうのでしたね。

つまり「どこかに軽くぶつけてしまった」「壁にガリガリとこすってしまった」となって修理したとしても、それは修復歴ありにはならないのです。

それをきちんと修理したのであれば、買取査定金額に大きく響くことはありません

それなのに中古車ショップなどの買取査定業者は「修理した跡がありますね」「ここのパーツを替えられていますね」といいながら、お客様の気もちを下げていき、できる限り安い価格で買取ろうとします。

買取査定業者も商売でやっていますから、1円でも安く買取りたいですからね…。

でも、そんな売り文句に負けてはいけませんよ!

買取査定業者は言葉巧みにセールスをしてきますが、その買取査定業者の言葉に流されず、少しでも高く車を買取ってもらう方法があります。

それはネットを利用して、複数の買取査定業者に同時に査定依頼を出す「一括査定サイト」を利用することです。

一括査定サイトを利用すれば、街なかの買取査定業者を1つずつ回る手間や労力を省くことができるだけでなく、買取査定業者からすぐに査定金額を出してもらえるという大きなメリットがあります。

一括査定サイトの利用方法はいたって簡単で、以下の情報を一括査定サイトの入力フォームに入力するだけで、数分すると複数の買取査定業者から連絡がきます。

①車両情報の入力

  • メーカー名
  • 車種名
  • 年式
  • 走行距離
  • 修復歴の有無

②個人情報の入力

  • お名前
  • 電話番号
  • 郵便番号
  • 住所
  • メールアドレス

なぜ一括査定サイトを利用すると高く車を買取ってもらえるのかというと、買取査定業者は一括査定サイト側からお客様の車の買取依頼を受けます。

ということは、買取査定業者側は「一括査定サイトから買取依頼がくるということは、このお客さんは他の買取査定業者にも買取依頼を出しているということだな。少しでも高値をつけて買取らないと」となるのです。

とくに人気車種であるほど、買取査定業者はこのような心理が働きます。

実は1つずつ買取査定業者を回ると、思わぬ落とし穴にはまるときがあります。

例えば買取査定業者Aに車を査定してもらい30万円といわれました。

するとAが「うちでは30万円が限界ですので…、あ、最近買取査定業者Bが強化買取してますよ?」

そしてBへいくと50万円で買取るといわれたので、Bで車を買取ってもらうことにしました。

しかしのちのちにわかったこと…、それはAもBも同じ母体の会社だったのです…。

さらにあとでわかったことは、実は買取ってもらった車の価値は100万だったこと。

直接買取査定業者に持ち込むと、このようなこともあるので、やはり一括査定サイトを利用することをおすすめします。

ちなみに一括査定サイトを利用して、はじめは買取査定業者と電話またはメールでのやり取りになりますが、最終的には買取査定業者の査定士が現車確認をして、買取金額が決まります。

一括査定サイトの入力フォームには修復歴の有無を入力しますが、決してここで修復歴があるのにも関わらず、修復歴なしと入力しないこと。

修復歴の有無は査定士が現車確認するとわかりますから、間違った入力をすると買取査定業者との関係が悪くなります。

修復歴・事故歴ありの車はどれくらい査定に響くものなの?!

修復歴・事故歴ありの車は、修復歴・事故歴のない車と比べると、買取価格は減額されてしまうのは仕方がありません。

実際、買取り相場からどのくらい減額されるのか?

一般には、修復歴・事故歴のない車の買取価格の7~8割程度が相場だといわれています。

実際にどれほどのマイナス査定になるのかを車種別にみてみましょう。

初年度登録(新車)から3年落ちで、積算走行距離30000kmの車の一例です。

メーカー名 車種名 買取相場価格帯 マイナス査定相場
トヨタ ハリアー 240~290万円 30~50万円
クラウンハイブリッド 200~300万円 30~50万円
レクサス CT 180~230万円 30万円
IS 200~380万円 50~100万円
日産 ノート 50~100万円 20~30万円
ホンダ フィット1.3 50~100万円 10万円
スバル レヴォーグ 200~270万円 30~50万円

 

金額でいうと普通車のマイナス査定金額は30~50万円ほど、軽自動車のマイナス査定金額は20万円ほどが一般的でしょう。

国内では事故車のイメージがよくないためマイナス査定金額は大きくなりますが、海外で人気の日本産の場合は、修復歴ありであってもマイナス査定金額は小さくなるケースもあります。

輸出向けの中古車を扱っている業者に買取査定依頼をすると、マイナス査定金額が小さくてすむでしょう。

海外では日本の車の評価は絶大で、修復歴ありの車であっても高値で売れますし、100万キロを走っている車もたくさんあります。

どのように車のマイナス査定金額が決まるか、おわかりいただけましたね。

さいごに

今回は修復歴や事故歴のある車はどうすれば買取ってもらえるのか、買取ってもらえるとなった場合は、通常の買取相場よりどれほど価格が下がるのかについてご紹介しました。

修復歴や事故歴のある車は街なかの買取査定業者に買取りしてもらえますが、修復歴・事故歴があるからといって足元をみてくる買取査定業者もいますので、十分な注意が必要です。

そもそも「修復歴あり」の車は骨格(フレーム)を交換していたり、修復している車のことをいいます。

そうでない車は修復歴なしになりますので、大きく買取価格がさがるわけではありません。

また買取査定業者に依頼するときは自分の足で1つずつ回るのではなく、ネットで一括査定サイトを利用すると、買取査定業者は他の業者に負けないように高値を提示してくれる可能性が十分にありますので、ぜひ利用してください。

修復歴・事故歴のある車は、マイナス査定を受けることは避けられません。

普通車では約30~50万円、軽自動車では約20万円がマイナス査定相場ですので、できる限りマイナス査定を受けたくない場合は、中古車を輸出する業者に買取査定依頼すると、修復歴・事故歴ありの車であっても高値で買取りしてくれることが見込めます。

それほど日本の車は海外での需要があるわけですね。

修復歴・事故歴があっても十分に買取りしてもらえますので、「修復歴・事故歴があるから買取りなんてしてくれない」なんて諦めるのではなく、一度買取査定業者に査定依頼をしてみてましょう!

車を高く売りたい人は必見! 買取相場より30万円以上高く売る方法

今乗っている車を買い替える際、ディーラーや中古車販売店への下取りが一般的です。しかし、この下取りが大きな間違いなのです…

基本的にディーラーは販売専門であるので、車の買取は専門外です。

なので、なるべく安い値段で下取りして引き取ろうと考えています。もし自分の愛車を高く売りたいのであれば、複数の買取業者から査定額を競争させるのが一番です。

そこで、ネットで出来る「車の一括査定」で必要情報を1回入力するだけで、たくさんの買取業者から査定を査定依頼する事が出来ます。下取りとくらべて30万以上の買取価格が上がることは珍しくありません。

入力は1分で終わるので、まずはご自身の愛車がいくらで売れるのか調べてみましょう。

>>愛車の買取価格をチェックする

関連記事

車を売るときに便利な一括査定とは?実際に利用した人の口コミも紹介

車を売る時に一番オススメなのは一括買取り査定!その理由と方法を徹底解説します!

ズバットが行う車一括買取り査定の実態とは?評判と必要な書類も合わせて紹介!

中古車買取りで実際に起こるトラブルと対処方法を紹介

車を売るときに保険はどうしたらいいのか?自賠責保険や任意保険の解約手続きについて

騙されてはいけない!車買取査定業者の悪質な手口とその対処法を知っておこう!