ズバットが行う車一括買取り査定の実態とは?評判と必要な書類も合わせて紹介!

ズバット 中古車の無料一括査定
全国にある150社以上の車買取業者へ、一括で査定の依頼をすることができます。

1分入力後、査定結果から高く売れる業者を選ぶだけ!利用者数100万人を突破した国内最大級の比較サイトです。

最大見積業者数 10社
入力時間 1分
提携業者数 150社
運営会社 株式会社ウェブクルー

いますぐ一括査定の結果を確認する

今まで大切にしてきた愛車。

そろそろ次の車に乗りかえようと思い、愛車を買取りしてほしいとお思いの方がいらっしゃることでしょう。

車の買取りをしてもらうためには、自分はどのように動けばいいと思いますか?

インターネットが普及する前は、街なかの中古車ショップなどの買取査定業者を1つずつ回って、業者に現車確認をしてもらって、その場で査定金額を教えてもらいます。

買取査定業者を1つや2つ回っただけでは買取金額の比較ができませんので、複数の買取査定業者を回るのが通常でした。

1つの買取査定業者で査定金額を出してもらうためには、おおよそ30~1時間かかりますので、1日で回ることができる買取査定業者の数は限られてきます。

買取査定業者を回るためにあまり時間を費やしすぎると、ガソリンや労力を消費しますし、車の積算走行距離がどんどん伸びていき、査定金額の下落にもつながりかねません。

インターネットが普及した今の時代、買取査定業者を1つずつ回る必要はなく、家でパソコンやスマホを使い「車の無料一括サイト」にアクセスすると、数社の買取査定業者の買取査定金額を知ることができるのです。

今回は車の無料一括査定サイトである「ズバット」についてご紹介します。

「ズバット」はどのようなサイトなの??

ズバットは「ウェブクルー」という企業が運営しているサイトで、この会社は車の運営サイト以外に保険、引越などのさまざまな事業展開をしています。

ウェブクルーの車部門の活動としては、車買取比較、車販売に加えて、車検業務を行なうために全国5000の認定工場をもっています。

その他、一括査定の上手な利用の仕方など、車買取に関する情報を豊富にもっている企業です。

「ズバット」を利用してどのような流れで車を買取してもらえるの?

ズバットのホームページへアクセスする前に、自動車検査証(車検証)を準備しましょう。

またご自身の車のODOメーター(積算走行距離)を確認しておく必要があります。

これらが準備できれば、ズバットのホームページにアクセスします。

すると「一括査定依頼スタート」という項目がありますので、そこにアクセスすると以下の7項目を入力しなければなりません。

  1. 車種
  2. 年式
  3. 走行距離
  4. お名前
  5. 住所
  6. E-mail
  7. 電話番号

これらの情報を1度入力すれば、最大10社の買取査定業者に一括して査定依頼ができます

先ほどの①~⑦を入力するのにかかる時間はたった1分ほどです。

①と②は車検証をみれば入力できますし、③はODOメーターの数字を入力するだけで入力完了です。

何よりもズバットを気軽に利用できるのは、一括査定依頼するのにかかる費用は無料だというところです。

無料で、たった1分の入力で、ズバットに登録している211の買取査定業者に一括して最低依頼ができます。

インターネットが普及する前の時代のように、買取査定業者を1つずつ回るような労力や時間はまったく必要ないのです。

一括査定を依頼すると、早い買取査定業者だと、依頼して数分でメールや電話をしてきます。

連絡をしてくる理由としては、車の詳細を直接聞きたかったり、現車確認の日時を直接決めたいという話しをしたいからです。

車の査定は、年式や走行距離などをもとに数十分で買取査定金額を出す買取査定業者もあれば、実際に車をみにきて現車確認をし、その結果買取査定金額を算出する買取査定業者もあります。

買取査定金額を聞いた後に契約を強制してくる買取査定業者はほとんどいません。

もし契約を強制するようなことがあると、買取査定業者の信用問題や評判に関わるだけでなく、このような買取査定業者を登録しているズバットの信用問題にも関わってきます。

最悪の場合、ズバットの登録から外される可能性もありますので、契約を強制してくる買取査定業者がほとんどいないのです。

実際に買取査定業者が現車確認をすることになった際は、以下の4点を準備しておくといいでしょう。

  1. 自動車検査証(車検証)
  2. 自賠責保険証明書
  3. リサイクル券
  4. 取扱説明書

1.は、買取査定業者は現車確認をする際に、実物の車検証があるかを確認します。

2.は、自賠責保険が有効期間なのかどうかを買取査定業者が確認するために必要になります。

3.は、買取査定業者が次の所有者に引き継ぐ必要がある書類です。

最終的に車が解体(スクラップ)される場合はリサイクル料金を支払っている必要があるのですが、リサイクル券は支払いが完了していることを証明する書類になるのです。

もし紛失してしまった場合は、自動車リサイクル税のホームページにアクセスすると、代わりとなる書類が印刷できたり、すでにリサイクル料金を預託済みかどうかを確認することができます。

4.は、査定時に必要なものではありませんが、車のことがわかる資料として残っている場合は準備しておきましょう。

このような流れで、買取査定業者が車の査定金額を算出し、最終的に所有者に買取査定金額を提示することになります。

納得のいく買取査定金額を提示した買取査定業者を選び、最終的に売却することになります。

「ズバット」の評判ってどうなの?

ここまでのお話しで、ズバットを利用すると簡単に一括査定を依頼できることがおわかりいただけたでしょう。

では実際にズバットを利用した人は、どのように感じたのでしょうか。

ズバットを利用してプラスに感じた人の意見を3つみてみましょう。

  1. 買取査定業者の電話応対が気持ち良い
  2. 一括査定に出したことで高く売れた
  3. 買取査定業者が名義変更などの書類の手続きをしてくれた

①は、たとえ車の所有者が車に関する知識が少なかったとしても、親切・丁寧・迅速にサポートしてくれます。

②は、ズバットでの買取査定はディーラーの下取り査定より明らかに高い査定価格がつき、また買取査定業者同士で価格競争を行なわせると、買取査定金額がどんどん高くなるのです。

ディーラーの下取り査定は、基本的には10年落ち、10万キロを超えると、下取り査定価格は大きく落ちる傾向にあります。

それに対して買取査定はディーラーのように年式や、積算走行距離だけでなく、グレードや車両の状態だけでなく、社外品などのオプションまでを細かくみたうえで買取査定を行なうため、ディーラーより高く査定がつくのです。

またズバットに登録している買取査定業者は、中古車の買取に関しては十分な経験と実績が豊富でありさまざまな中古車に関するデータをもっているため、高額査定が期待できます。

だからご自身の車が過年式や過走行だからといって高額査定が期待できないというわけではありません。

車種や車を売るタイミングなどによっても査定価格が大きく変わってきます。

そのような買取査定価格の変動などは幅広いネットワークをもった買取査定業者であるほど、高額な買取査定を出してくれるのです。

ズバットには、高額査定を出してくれる買取査定業者が集まっており、その中で買取査定業者同士が価格の競争をします。

③は、実際に車を買取ってもらう場合に必要である書類の手続きです。

車には所有者(名義人)がいますが、買取査定業者に車を買取ってもらった場合は、その名義人を買取査定業者の名義に変更する(名義変更)か、車の使用を一時的に中止する一時抹消登録手続きをとることになります。

これらの車の手続きは各地域の陸運局で手続きする必要があります。

陸運局では手続きに必要なOCR用紙を書いたり、陸運局でいくつかの窓口へ移動しながら必要な手続きを進めていきます。

陸運局には書類の書き方のサンプルがおかれていますが、あまり手続き経験のない人が書類を書くのは時間や労力を要します。

また陸運局はお役所なので、月曜日から金曜日の8時45分から11時45分と13時から16時の間でしか手続きを受理してくれません。

平日働きに出ている人のほとんどは、この時間帯に陸運局へいくことは不可能でしょう。

ズバットに登録しているほとんどの買取査定業者は、このような陸運局での手続きも代行してくれます。

つまり車の所有者がすることは、買取査定業者から指定された役所発行の書類を準備するだけです。

名義変更の場合に所有者が準備する書類は、以下の4つになります。

  1. 印鑑証明書
  2. 委任状
  3. 車検証
  4. 譲渡証明書

1.の書類は、お住まいの役所でとることができます。1通約300円です。

役所の開所時間に取得できない場合、最近ではコンビニでも申請・取得することができますので、時間にしばられることなく、書類を取得することができるはずです。

2.の書類は、車の所有者が買取査定業者に名義変更の手続きを「委任する」(任せる)という証明書です。

この書類は買取査定業者が準備してくれるので、その書類に住所・氏名・印鑑証明書の印鑑を押印するだけで書類は完成できます。

3.の書類は、車の情報を記載したものですので、必ず準備しなければいけない書類です。

4.の書類は、買取査定業者が準備してくれます。

車の所有者から、次の新しい所有者が決まったときに必要な書類で、車の所有者は住所・氏名・印鑑証明書の印鑑を押印するだけで書類は完成です。

一時抹消登録手続きは、上記の1~3の書類と、ナンバープレート前後2枚があれば手続きをすることができます。

これらの手続きを代行してくれると、車の所有者としてはかなり助かります。

さいごに

今回はズバットについてご紹介しました。

ズバットは全国211社の買取査定業者と提携しており、車の所有者の住所から近隣の買取査定業者を選び出してくれます。

それらの買取査定業者が車を査定し、買取査定金額をつけてくれます。

最終的にどこの買取査定業者に車を買取ってもらうかは、車の所有者が決めることができます。

買取査定金額で決めるのもよし、買取査定業者のサービスで決めるのもよし、それは車の所有者しだいです。

この機会に、ズバットの一括査定を利用してみてはいかがでしょうか?

いますぐ一括査定の結果を確認する

車を高く売りたい人は必見! 買取相場より30万円以上高く売る方法

今乗っている車を買い替える際、ディーラーや中古車販売店への下取りが一般的です。しかし、この下取りが大きな間違いなのです…

基本的にディーラーは販売専門であるので、車の買取は専門外です。

なので、なるべく安い値段で下取りして引き取ろうと考えています。もし自分の愛車を高く売りたいのであれば、複数の買取業者から査定額を競争させるのが一番です。

そこで、ネットで出来る「車の一括査定」で必要情報を1回入力するだけで、たくさんの買取業者から査定を査定依頼する事が出来ます。下取りとくらべて30万以上の買取価格が上がることは珍しくありません。

入力は1分で終わるので、まずはご自身の愛車がいくらで売れるのか調べてみましょう。

>>愛車の買取価格をチェックする

関連記事

車を売る前にやっておくべきこと!買取相場よりも高く売れる賢い見積もりの取り方をご...

自動車ローンが残っていても買取りや一括査定をしてもらえるのか?

車を売るときに保険はどうしたらいいのか?自賠責保険や任意保険の解約手続きについて

車を売るときに車検切れだと値段が下がるのか?車検有り無しでどう変わるのか紹介

事故車や水没した動かない車でも売れるのか?廃車を高く売却する方法を紹介!

中古車の買取り相場がわかる「赤本」って何??